Skip to content →

モデル環境勉強会(分科会)

  • 第2回「SDGsロボットプログラミング教室」申し込み残数更新:2024年7月10日

    残数あり。

    申し込み時の、作文の条件にある『SDGsにある関心あるゴールや、ごみには種類があることを保護者と話し合うことが望ましい』を削除しますので、子どもさん自身が考えて作文にするだけで結構です。どしどし応募してください。

  • 第2回「SDGsロボットプログラミング教室」開催更新:2024年7月1日

    日時:8月1日(木)10:00~17:00(昼休み、休憩含む)
    会場:電気通信大学80周年記念会館3 階ホール
    対象:小学校 4、5,6年生 、中学生
    定員:先着12名 (研究会 HP に空き状況表示)(保護者参観可)
    参加費:無料 (ロボットとPCは4人1組の班ごとに1 セット用意)、参加賞・賞品等あり
    申し込み: 以下の項目を記入して、下記メールアドレスにお申し込みください。
    1.子ども氏名(よみかた)、2.学校 学年、3.Scratch など ブロック言語の経験の有無
    (班分けのため)、4.保護者氏名、5.住所 、6.メールアドレス、7.電話番号、
    8 作文:「 SDGs とごみ問 題」と題して200~400字 以内(メールの中に書き込む)
    申し込み期間: 7 月 10 日(水)10:00~ 7 月 24 日(水)12:00
    主催:SD-STEAM教育研究会、企画運営:実証モデル事例構築分科会
    後援:東京学芸大こども未来研究所、電気通信大学社会連携センター
    講師:東京学芸大学、電気通信大学、SD-STEAM 教育研究会 の教員ならびに学生
    申し込みと問い合わせ先:SDGsロボットプログラミング教室事務局
        メールアドレス:sdgs.robopro@gmail.com(7月10日以降有効)

  • 夏休み「SDGsロボットプログラミング教室」開催更新:2023年6月26日

    日時:8月7日(月)10:00~17:00
    場所:電気通信大学80周年記念会館3階ホール

    申し込み受付終了しました
    問い合わせメール:sdgs.robopro@gmail.com

「モデル環境勉強会」は、SD-STEAM教育研究会のビジョンに沿ってSTEAM教育の在り方を調査するために、参加登録者の互助により勉強会をほぼ月一回の割合で開催しています。SD-STEAM教育研究会の会員はもとより、ビジョンに賛同し一緒に勉強をしたいという方は、どなたでも参加登録できます。参加されたい方は事務局までお問い合わせください。

参加登録するかどうかわからないが、とりあえずオブザーバ参加したいという方も歓迎です。

第10回勉強会2021年5月10日

「経産省『STEAMライブラリー』を覗いてSD-STEAM教育(カリキュラムなど)にどう活かせるか?」

第9回勉強会2021年1月20日

「『未来の教室』STEAM実証事業とその他のプロジェクトについて」

STEAM実証事業の事例、STEAMライブラリー、GIGAスクール構想、民間のSTEAM事情などを学ぶ

第8回勉強会2020年12月9日

「経産省『未来の教室』プロジェクトにおけるSTEAM実証事業の現状について」

「未来の教室」全体像について学ぶ

第7回勉強会2020年11月12日

「メタ認知について」

 メタ認知は、認知についての認知であり、学習者にとって、また、指導者にとって、学習者の学習意欲や学習力をあげる高次認知機能として研究が進んでいる。

第6回勉強会2020年10月8日

「STEMONの理念と実践」について講演と質疑応答

講師:中村一彰氏 ㈱Viling 代表取締役

第5回勉強会2020年7月16日

「創造について」

創造性とは、創造するとは

第4回勉強会2020年7月2日

「STEAMの”A”についてどう見るか」

第3回勉強会2020年6月18日

「SDGs達成のための科学・技術・イノベーション(STI for SDGs)」

 Society5.0やその先を見据えたSTIを考える

第2回勉強会2020年6月2日

「SDGsについてついて知り、子どもたちにどう教えるか」

第1回勉強会2020年5月7日

「2020.1.1NHKスペシャル『10 years after 未来への分岐点』を観て、

子どもたちにどう伝え、考えさせるか」

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP